森田悠介オフィシャルウェブサイト。森田悠介の執筆する、音楽力の上がるブログ。

PRODUCE WORK

Produce Work

Little Black Dress (2018~)

Little Black Dress 「野良ニンゲン」(2019)

Little Black Dress「双六」(2019)

track1 「野良ニンゲン」(arrange,sound produce)

track1 「双六」, track2 「優しさが刺となる前に」(arrange,sound produce)

Little Black Dress「Mirror」(2020)

track1 「Mirror」, track2 「ちょーかわいい」(arrange,sound produce)

Little Black Dress 1st full album 「浮世歌」2021 track1,3,6,7,8,10,11 (arrange, sound produce)

令和デビューのシンガーソングライター、LBDことLittle Black Dressの楽曲をアレンジ、サウンドプロデュース担当しています。

「MISIA平成武道館 LIFE IS GOING ON AND ON」オープニングアクト ライヴ映像(2019)

TOKYO MUSIC SHOW 〜歌謡ヒットパレード〜ダイジェスト映像(2019)

「MISIA平成武道館 LIFE IS GOING ON AND ON」(2019年4月26,27,28)のオープニングアクト、「TOKYO MUSIC SHOW 〜歌謡ヒットパレード〜」(2019年11月8日) を中心としたLittle Black Dressのライブにおいて、ミュージックディレクター(Musical Director)、アレンジ、マニピュレート、ベーシストを務めております。

Little Black Dress official web site


森田悠介 30th Birthday Live

Serenade 4 XXXX

Inductive & Deductive

2018年1月13日に森田悠介生誕30周年を記念したコンサートをプロデュースしました。ソロプロジェクトのFull CHEEZENESS band名義による大編成での演奏が中心で(のちにCHEEZNESSに改名)、当日の演奏を2曲映像化しました。

制作、アートディレクション、プロデュース: カワゾエヒロツグ

動画制作: 中島唱太


少年勇者団 CMソング (2016)

中国のiPhoneゲームアプリ「少年勇者団」の、イメージソングです。

作詞、作曲、アレンジ、サウンドプロデュース、ディレクションを担当しました。このYouTube動画は非公式のものですが、100万回再生を超えています。

client : 黑桃互动 (中国)


ai kuwabara trio project (2012~2016)

ai kuwabara trio project / BET UP (2012) 1st album 「from here to there」

ai kuwabara trio project / LABORATORY (2013) 2nd album 「THE SIXTH SENSE」

ai kuwabara trio project / “Into the Future or the Past?” (2014) 3rd album 「the Window」

ai kuwabara trio project / 4th album 「Love Theme」(2015)

Tokyo Jazz Festival 2013 メインステージ(国際フォーラム ホールA)

ai kuwabara trio project US tour (2013)Denver, Colorad

2012年より、ピアニスト桑原あい のトリオプロジェクトの共同プロデュース、制作、ベーシストを担当。(2016年に離脱)

2013年にリリースした2nd album 「THE SIXTH SENSE」(ewe records)がタワーレコードジャズチャート1位を獲得、『The Japan Times』紙2013年上半期ベストアルバム(ジャズ部門)に選出。JAZZ JAPAN AWARD 2013 New Star賞を受賞しました。

2013年の第12回東京ジャズのメインステージ(国際フォーラムホールA)に出演しました。

2013年アメリカ西海岸ツアーにて、サンフランシスコ、ロサンゼルス、デンバー、アラスカ公演を行いました。(企画、協力:国際交流基金)

また、このトリオにおいてブルーノート単独公演を果たすなど、様々な経験をさせていただきました。

自主制作盤の時期より多大なご協力を賜りましたイーストワークスエンタテイメント様に、この場を借りて御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です