森田悠介オフィシャルウェブサイト。森田悠介の執筆する、音楽力の上がるブログ。

パート譜の作成:書いて〜刷って〜書いて〜刷って〜

お正月からほぼ休む間もなく
書いてます。

刷るのはスズリではなく
パート譜ですが。

パート譜の作成

さて、打ち込みDTMソフトの内部で
作曲を完結させる場合、全部打ち込んだ通りに
パソコンが演奏してくれるので譜面など必要ありませんが

人に演奏してもらう場合、やはり
「音源を聴いてもらう」以外に
イメージを最も具体的に伝える方法としては
楽譜に書く、 これが第一歩な訳です。

特に、編成が大きくなればなるほど、
割り振りをしっかりしておかないと、
流石にどんなにカンの良いインプロヴァイザーが
集まっていたとしても、
コード譜だけ渡して
「これでみんな適当にいい感じにやってよ!」
で、想像してる通りのオーケストレーションには
なりません。(笑)
いや、なったらすごいな…なるのかな…

とにかく、そこから各々が
楽譜を覚える、とか、見ないふりをする、とかは
奏者に委ねられる部分もありますが、
まずは書いて伝える。。
今のところこれが効率的にベストですね。

ところがこれを手書きで全部書いていたのでは
相当タフな作業になってきます。

そこで便利なのが

  • Finale
  • Sibelius

などに代表される
楽譜作成ソフトですね。

これが便利なのは、
一度全体のスコア(総譜)を書き上げてしまえば
そこからほぼボタンひとつで
それぞれのパート譜が抽出できる点
ですね!

もちろん、それぞれのパート譜を抽出したのちは
微妙な段数のズレとかまで細かくチェックして、
なるべく読みやすいレイアウトを心がける事も
重要です。

「読みやすい」がとても重要

で、
そのバランスは本当に人により様々です。
ここの出来で、演奏される音楽の質が
変わるといっても過言ではありません。

そして、当然リハーサルに用意していく場合、

(他にやってくれる人がいなければ←)
当然ですが全ての譜面を自分で印刷して準備していく訳です。
これも作曲をする者の仕事のひとつですね。

大量に印刷する場合、僕はよく
キンコーズのお世話になってます。


書いた楽譜が大量に、100枚とか一気に
印刷されると、「書いたなあ」
という実感に浸れるのでおススメ
です。笑

自分のコンサートにおいても
今回は過去最大級の譜面の量にトライしています。

大規模な作曲家さんになると、
オーケストレーターとか
写譜屋さんとか、それぞれの
専門家に割り振る作業なのだと思います。

でも、その実務はやはりまずは一度
自分で体験してみないと分からないものです。

みなさんも、
もし人に演奏してもらう想定で
大きな編成を書いてみる場合は
パート譜なども、
早め早めから意識して用意してみるようにすると
あとでとっても助かります(笑)

これを想定する事で、
今まで適当に組んでいたストリングスのラインとかも
よりサウンドする書き方に変わるかも、しれないし!
打ち込みの段階からね。

対位法などの知識も
あるに越したことはないですが、、
長くなるのでそれはまたの機会に。

そろそろベース練習してぇ〜。笑

では!!
今日もリハにいってきます!
アディオス!

みなさんもよい一日を!!

記事のシェアなども大歓迎です♪

(2018/1/12筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です