森田悠介オフィシャルウェブサイト。森田悠介の執筆する、音楽力の上がるブログ。

共通言語を理解しておくのは礼儀

あなたが、作曲や演奏をしていく中で
多くの素晴らしい音楽家たちと
コミュニケーションをとっていきたいと
考えているならば、
彼らの話している言語を知っている必要が
あります。

例えば、昨日の携帯の着メロの話で
「ふむ・・・これが付点8分音符か・・・」
といったような音符の長さの話も
ありましたが、こういった
「楽譜で表記する上で絶対決まっている原則」
これは、知らないといけません。

(こういう基本ルールが網羅されている本が
「楽典」ですね。)

で、今日は、とっつきにくいと
思っている方も多いであろう
「スケール」の話を少々。

スケールって、音の並べ方の
順序の決まりに名前をつけたものです。

作曲をするときも、
楽器でアドリブをとるときも、
この「スケール」というものを
基準にして音をチョイスすることは
とても有効な手段なんですが、

「めちゃ種類が多くて
とても覚えられねえよ!!!!」

といって、諦める方多いと思います。

でも、
「ドレミファソラシド」
これは誰でも分かるでしょ?

これが弾ければ、実はすでにあなたは
7つのスケールを覚えたことになるんです!

詳しい解説は文章だと長くなりすぎてしまうので
今日は割愛しますが、
今日覚えてもらう7つは、下記です。

白い鍵盤だけ弾ければ、OK。
___________________

ドレミファソラシド・・・・を、

●ド(C)から弾き始める……Cイオニアン (←Cメジャー)
●レ(D)から弾き始める……Dドリアン
●ミ(E)から弾き始める……Eフリジアン
●ファ(F)から弾き始める……Fリディアン
●ソ(G)から弾き始める……Gミクソリディアン
●ラ(A)から弾き始める……Aエオリアン(←Aマイナー)
●シ(B)から弾き始める……Bロクリアン

___________________
です。
(※メジャースケールとマイナースケールは聞き馴染みがあると思うので敢えて二重表記にしました)
(※厳密に言うとAマイナーは、Aナチュラルマイナー)

英語で書くとこうです。
Ionian
Drian
Phrygian
Lydian
Mixolydian
Aeolian
Locrian

まずはこれらの名称を
マル暗記しておくと良いですね。

で。Dドリアンがあるということは
FドリアンやB♭ドリアンもあるし、
Cリディアンだってあるし・・・

でも、それの説明は黒い鍵盤が
たくさん出てくるので、
一旦今日はやめておきます。

ひとまずは、
同じドレミファソラシドでも
レから始めた並び方がドリアンなんだー、
くらいに思っておいてもらえればいいです。

で、できれば楽器で音を鳴らしながら
耳で確認してみてください!

この、
「耳で確認」っていうのが非常に重要。
「耳で確認」っていうのが非常に重要。

大事な事なので・・2度言いました。。。

そして、
「目と耳で覚える」
楽譜での表記と、
聴こえたサウンドをリンクさせて覚える。

これが、音楽の上達と理解の近道です。
そして、規制の概念をぶち壊すのは、
当たり前の事を一度ちゃんと知った後でも
ぜんぜん遅くはありません。

____
今日はざっくりとスケールの話をしました。

この辺の基本スケールを当たり前のように
理解する人だらけになれば、
スーパーロクリアンとかの面白い話題も
出きます(笑)

スーパーリディアンとかもある(笑)

では今日はこの辺りで!

みなさん良い1日を!

(2017/9/11筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です